2014年01月 | 2014年02月 | 2014年03月 | 2014年04月 | 2014年05月 | 2014年06月 |
2014年07月 | 2014年08月 | 2014年09月 | 2014年10月 | 2014年11月 | 2014年12月 |

2013年の独り言はコチラ
2012年の独り言はコチラ
2011年の独り言はコチラ

2014.12.02

平成26年度第四回区議会定例会が開催され、区議会自民党の代表の一人として、一般質問に登壇しました。

今回の一般質問では、常々議題に挙げている、江戸川・中川の治水対策等に加えて、区有地の中で比較的一定期間未使用の土地に対して、暫定利用を含めた、有効活用について多田区長へ強くお訴えをさせて頂きました。

未使用の区有地はまちづくりをはじめとした事業用地等であり、いわゆる遊休地ではなく、取得した土地は目的や用途は明確に示されている事は私も承知をしているところですが、そういった未使用地について、一時的な広場として、解放してもらえないか、ご要望も多くあるのも事実です。

例えば1,000uを超えるような未使用の区有地に対し、一時的としてもスポーツ振興等、利用の需要はあり、近隣にグランドを持たないスポーツ団体等にとっては暫定的とはいえ、活動の場所の確保は願望であり、切なる思いでもあります。

少子化等、私が小学校所属したリーグは当時、松島・中央地域5チームあった少年野球チームが現在1チームとなり、他も含めた多くの団体・チームが来年存続するか否か、懸命に努力をされている現状を踏まえ、環境の整備についてはあらゆる可能性を模索する必要があります。

2014.12.08
衆議院議員選挙が公示をされ、12日間の選挙戦がスタートしました。
東京16選挙区【江戸川区(小岩・上一色一部を除く)】大西英男候補
東京17選挙区【葛飾区、江戸川区一部】 平沢勝栄候補

篠崎小学校で開催した父大西英男個人演説会や街頭遊説等、小泉定雄後援会長先頭に後援会の方々、お世話になっている町会・自治会、篠崎少年野球連盟の皆様をはじめ、多くの方々が連日足を運んで下さり、温かいご厚情には胸が熱くなり、死力を尽くす思いが改めて溢れます。

篠崎駅には石破茂地方創生担当大臣や鳩山邦夫元総務大臣が応援に駆けつけて下さり、それぞれ司会を担当させて頂きました。
西葛西駅での安倍総理の遊説の際は約2,500名の聴衆方々がお越し頂き、お訴えに耳を傾けて頂いた事に感謝をし、本人の演説にも熱がこみ上げてきます。

安倍総理の話しにもありましたが、批判の為の批判だけでは、政治は前に進みません。じゃあ、どうするべきか展望も示さないで、ただ反対するだけでは責任政党とは言えません。
思いを反映させ、実現する事こそ重要です。

14日の投票日まで、厳しい選挙戦はまだまだ続きます。


2014.12.18

衆議院総選挙の幕が閉じ、父の厳しい二期目の選挙戦、当選を果たす事が出来ました。
公選法で御礼を記す事は出来ませんが、感謝の念しかありません。

投票率等の課題は厳粛に受け止めつつも、自公政権の安定した国会運営を多くの国民の皆様が期待されている民意は重く、引き続き、真摯に粛々と臨む必要があります。

この選挙戦を通じ、改めて後援会の皆様や小・中学校の同級生はじめ、地域の方々の温かさに触れ、支えて頂いている事を実感させて頂き、ご期待に応えられるよう、引き続き地域発展に尽力をする覚悟であります。

所属の文教委員会や災害対策・街づくり推進特別委員会、熟年者支援特別委員会が開催され、それぞれ委員として臨みました。
年内の委員会日程も大詰めになり、気温の下降と併せて師走の候を感じます

2014.12.22

週末は地域行事等が続き、上篠崎ムスタンク、篠崎ホーマーズの卒団式にお招き頂き、ご挨拶をさせて頂きました。

篠崎少年野球連盟の皆様には今年も大変お世話になりました。
10チーム卒団生の引き続きの活躍を祈るばかりです。

松島南チャリティー餅つき大会に伺い、松島大洋会の同級生と共に、餅つきに励みました。
町会、睦会はじめ皆様のご尽力で、たくさんの子供たちも参加し、地域方々の笑顔が溢れる盛会でありました。

また、各地でクリスマス会が催され、仲図師子ども会等、お伺いさせて頂きました。

プレゼントに胸を躍らせた子供の頃を思い出します。

※写真は松島大洋会のお子様達と。同級生の仲間とも楽しい時間ににりました。

2014.12.24

私が会長を務めさせて頂いている、江戸川ポニーリーグ(中学硬式野球)協会の修了式に伺いました。

同チームのOBである、伊東昭光ヤクルトスワローズ二軍監督もお祝いに駆け付けて下さり、選手達に激励を賜りました。

私も中学校時代、サッカー部に所属しながら、週末は硬式野球チームで練習に打ち込みました。当時培った事は今も様々な局面で礎となっています。

関東一高で甲子園を目指す選手もいる、卒団生に心からのエールを送ると共に、私の母校松江二中の後輩、木下君がキャプテンを務める新チームの飛躍の期待に願いがこもります。

シーズンを通し、平山代表、指導者方々、父母会の皆様はじめ関係者様の献身的なご尽力に、厚く御礼を申し上げます。


ページの先頭へ