2014年01月 | 2014年02月 | 2014年03月 | 2014年04月 | 2014年05月 | 2014年06月 |
2014年07月 | 2014年08月 | 2014年09月 | 2014年10月 | 2014年11月 | 2014年12月 |

2013年の独り言はコチラ
2012年の独り言はコチラ
2011年の独り言はコチラ

2014.08.03

北川嘉昭氏の荒川区副区長就任に伴う、お祝い会にお招き頂きました。

北川副区長は総務企画部長等を歴任され、明治大学大学院では青山ゼミの先輩でもあり、私も折々にご指導を頂いています。

当日は同じくゼミの先輩、成澤文京区長、早坂都議発起人の元、青山先生はじめ、多くの大学院関係者がお祝いに駆けつけ、北川副区長を囲み、懇親を深めました。

第39回江戸川区花火大会が開催され、1万4,000発の花火に今年も100万人を超す方々がお越しを頂きました。

同花火大会は区の一般会計予算で計上されているのは約5,000万円、残りの倍以上の費用は企業や地域等多くの方々の協賛金によって、開催に至ります
感謝をしながら迫力満点の花火を見上げ、有意義な一時を過ごさせて頂きました。

下篠崎町会、平井一丁目南親会の盆踊り等にお伺いをし、夏本番を肌で感じます。

2014.08.06

週明けには、関口元消防総監や歴代の小岩消防所長の皆様との懇親会にお伺いをしました。
まさに防災を極める大先輩方々、様々なご指導を賜ります。

文教委員会が開催され、昨年廃止になった江戸川区プールガーデンの跡地に関する、2本の陳情について自民党会派を代表し、意見開陳を担当しました。

約30年間、多くの方々慣れ親しんだ同跡地については、今後、防災拠点として、またスポーツの多様化に対応するべく多目的広場の充実をお訴えさせて頂きました。

元東京都副知事の青山先生による明治大学院での都政研究会にお伺いをしました。
今回のテーマは地方法人課税を巡る動向と東京都の主張についてであり、法人事業税の一部国有化は東京都からの財政調整交付金が主な収入源である本区にとっても大きな影響をもたらします。

東京都の財務局の幹部職員にも足を運んで頂き、同じく大学院の先輩である早坂都議や小山都議と議論させて頂く事は貴重な経験の場となりました。

卒業しても引き続き、公共政策研究の場を設けてご指導頂く青山先生には本当にありがたい限りです。

2014.08.10

区議会自民党議員団総会が開かれ、各地域課題等の共有や、来年の統一地方選挙のポスター作製等に関し、打ち合わせを行いました。

所属の特別委員会が開催され、災害対策まちづくり推進特別委員会では、江戸川区地域防災計画について確認を行い、熟年者支援特別委員会ではNPO法人なぎさ虹の会の視察を行いました。

週中、中学軟式野球大会である、江戸川区中学生夏季交流大会開会式にお招きを頂きました。
神奈川や千葉等、関東近県からも強豪チームが集まり、16チームで優勝を競いました。

三年生が引退してすぐ、夏季のこの時期に新チームで実力を試す、緊張感のある公式戦は大変貴重であり、後援の京葉鈴木記念財団鈴木代表理事はじめ関係者様の厚い選手への思いがうかがえます。

炎天下の中でありましたが、期待に応えるべく、元気いっぱいの選手たちが印象的でした。

週末は、幟会はち祓いにお伺いをし、過日の浅間幟祭りの反省会を含め、大いに盛り上がった会であり、続く二次会でも幟会先輩方々に温かいご指導を賜り、心地よい長い夜となりました。

2014.08.17

暦ではお盆休みのシーズンを迎え、今週は地域で夏祭り行事等が続きました。

松島南、松島東、五分一町会の盆踊りにお伺いをし、地域の皆様と交流をさせて頂き、小・中学校の同級生との再会を楽しみました。

実家のある、松島南町会では、弟と共に、生ビール販売を担当しました。
暑さも手伝い予定よりも早く完売!町会こども会や消防団方々のご尽力のお陰で持ちよりの出店は来場者で大賑わい♪感謝を深めます。

催事中の香取講松島南町会神輿行事では、御神輿を誘導する進行係を仰せつかり、南睦会先輩のご指導のもと、なんとか行程を終えます。

飛び入り参加で法被を身にまとった子ども達の笑顔は盛り上がりに花を添えてくれました。
道中安全な運行にご協力を頂いた地域の皆様に厚く御礼を申し上げます。

気持ちが高揚したお祭りのあとは、夏の終わりが聞こえてきそうです。

2014.08.21

文教委員会の所管事務調査で、大分、佐賀へ委員会視察に行ってまいりました。

江戸川区は小・中学校併せて106校ありますが、昨今の少子化の影響等、一部地域では統廃合の議論が始まっています。

豊後高田市、佐賀市ともに、小・中学校一貫教育を積極的に取り入れ、学力向上等、一定の成果を挙げており、義務教育9年間を三階層に分ける特色ある教育課程は興味深いものがありますが、その反面、教師間の連携や会議等の簡素化等が求められ、現状の課題にも触れる事が出来たのは収穫でした。

また、武雄市の樋渡市長は全国でも改革派市長として全国でも注目されていますが、その象徴的な事業である武雄市立図書館についても視察調査をさせて頂きました。

当時、経費増や営業日が少ない等、課題があった同図書館を、市は全国でツタヤを運営するCCC鰍ニ連携し、利用者のニーズに的確に応える運営方針に舵とりを行いました。

カフェ(スターバックス)と読書の連携等も評判を呼び、結果、来館者数は県外からも含み従来から約3.6倍に、また開館時間等サービスを拡大しながら経費も1億のコストダウンの成功し、なにより当図書館の運営手法が注目された事により、武雄市への渡航者が飛躍的に増え、路線価が向上する等、目に見える形で経済効果が出ています。

民間活力の重要性を改めて感じる、意義深い視察となりました。

2014.08.26

週末は小岩消防団消防長官表彰旗受賞祝賀会に区議会消防団運営委員としてお招きを頂きました。

全国でも消防団の数は約2,200団ある中、日頃の献身的な活動が評価され同表彰旗受賞は大変名誉な事であり、栄えある消防団が身近にあり地域を守って頂ける事を一区民として誇り高く、感謝を覚えます。

北篠崎二丁目自治会、篠崎七丁目町会の盆踊りにお伺いをし、多くの方々にお励ましを頂きました。北篠崎二丁目自治会では恐縮ながら毎年ご挨拶の場を頂戴し、北村会長はじめいつも温かい皆様に触れさせて頂き、勇気とパワーが湧いてきます。

熱戦が繰り広げられた、夏の甲子園高校野球大会が幕を閉じました。
本大会には私が相談役を務めさせて頂く、篠崎少年野球連盟からは東海大望洋、小泉選手(小泉先生のお孫さんで和久さんのご子息!)、二松學舍大付、赤木選手の二名が出場しました。
全国各地数多くの野球連盟がある中、今春の選抜甲子園大会、関東一高の池田選手、篠田選手とともになんと1年間で4名の甲子園出場選手の輩出であり、胸が躍りました。

歴代の監督、コーチ、またグランド等環境整備にも奔走された小泉名誉会長はじめ多くの関係者様の長年のご尽力と選手の努力の歴史に心から敬服の意を表し、私も微力ながら、発展に精一杯努める所存であります。

※写真はスポーツロップスにて

ページの先頭へ