2014年01月 | 2014年02月 | 2014年03月 | 2014年04月 | 2014年05月 | 2014年06月 |
2014年07月 | 2014年08月 | 2014年09月 | 2014年10月 | 2014年11月 | 2014年12月 |

2013年の独り言はコチラ
2012年の独り言はコチラ
2011年の独り言はコチラ

2014.07.02

週末は江戸川区の伝統催事である幟(のぼり)祭りが開催されました。

今年は二年に一度の本祭りであり、人力だけで長さ20m以上、重さも1トンを超える幟を立てる壮大な催事は全国でも類を見ません。
篠崎地域5町会の幟が全て立ち上がった瞬間のスケールは圧巻そのものです。

幟を立てる30日から幟返しの2日まで同地域では様々な催しものが行われ、どこも賑やかで盛り上がり、肌身でお祭り期間を実感します。
数日間、浅間神社には多くの方々が来場し、浴衣を身にまとい境内を駆け回る元気な子ども達も印象的でした。

当日に至るまでから期間中も多くの地域の皆様のご尽力あってこそであり、頭が下がるばかりです。
翌日は筋肉痛でしたが(笑)幟立て時等、たくさんの方々にお声掛けを頂き、地域の温かさが身に染みると同時に感謝の気持ちが溢れます。

早朝準備から幟返しの片づけまで、幟会や町会の皆様、本当にお疲れ様でした。
※写真は前日のふれ太鼓時


2014.07.09
自由民主党本部石破幹事長より、党所属国会、都道府県会、市区町村議員、全議員に対し「議員の発言について」、党倫理憲章、また各議会規則等を改めて遵守するよう注意通達がありました。
本通達を議会に携わる人間として重く受け止め、粛々と務めてまいります。

8日付け、自由民主党東京都連より、来年4月の統一地方選挙における、候補者1次公認候補者について、江戸川区は合計16名の一次公認が正式発表されました。

公認申請にあたり、改めて多くの方々のご協力のお蔭と重ね重ね御礼を申し上げます。
今日を迎え、身が引き締まる思いであり、引き続き頂いている任期、精一杯精進してまいります。

2014.07.16

江戸川区議会自由民主党と区内各種団体の皆様との意見交換会が続きます。

皆様からの貴重な声を区政に反映させるべく、産業・医療・保育等、各種団体の皆様との意見交換会は来月まで行われます。

文教委員会が開催され、陳情審査後は協議会形式で、教育委員会委員代表者の方々も交え、教育課題について議論を行いました。
今回のテーマは問題児童・生徒を分離するか否か、大阪市教育委員会の特別教室構想についてであり、様々な意見が交わされました。

また、区議会自民党で、過日閉会した区議会定例会の報告を兼ね、区内遊説を行いました。
篠崎駅等、傾聴頂けた事に深く感謝を申し上げます。

2014.07.20

江戸川区登録無形指定文化財である、篠崎本郷獅子もみ行事にお伺いをし、区議会を代表し恐縮ながらご挨拶の場を頂きました。

同行事は地域の活性や安全等を呼び込む、歴史と伝統に溢れる行事で、昨年の篠崎小学校130周年記念祝賀会でも披露があり、会場が一つになる大変な盛り上がりでした。

当日は午前中にかけて参加させて頂きましたが、炎天下をものともしない、獅子のもみ手方々のパワーは圧巻そのものです。

1日かけて、地域を400箇所以上まわるとも言われ、事前の月日をかけた準備や、当日の安全な運行等、ご尽力頂いた、植草会長や吉野会長代行はじめ、本郷獅子もみ会の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


2014.07.24

群馬県高崎市で行われた、第65回利根川治水同盟治水大会にお伺いをしました。

利根川及びその水系の下流域に位置する、本区にとっても、低平地の安全・安心な治水対策は、悲願でもあり重要な責務です。

流域1都5県の国・都・県議会、区市町村議員及び行政関係者一同に介し、利根川水系治水・利水事業の早期実現をめざし、促進を図る事を確認しました。

平成26年度江戸川区総合防災訓練が開催されました。
今年も、議会としても緊急災害対策本部を立ち上げ、参加型での訓練を実施しました。

江戸川区の同訓練には、警察・消防・自衛隊はもちろん、区内で防災協定を結んでいる、医療等の様々な団体にも参加を頂き、万が一の災害に備え連携を深めます。

区内各町会方々にも炎天下の中ご参加賜り、ご協力を頂きました事に感謝を申し上げます。

2014.07.27

週中、災害対策・まちづくり推進特別委員会では東京都東部地区の近年の気象特性の調査の為、気象庁へ視察を行いました。

昨年の伊豆大島の痛ましい土砂災害は記憶に新しく、また近年の都心部での集中豪雨は私達に大きな脅威をもたらしています。

予測が難しいと言われる、局地的な大雨の対応について、事前に地域の災害特性を知っておく事は重要であり、気象庁から様々な警報がどのような状況下で発せられるか等、詳細に確認が出来た事は収穫でした。

本区にある江戸川総合人生大学祭にお伺いをしました。
同大学は、学校教育法等で定める正規の大学ではありませんが、北野まさる淑徳大学教授を学長に迎え、まちづくりや子育て、介護等を主要テーマに、2学部4学科が設けられ、幅広い世代の方々が学びながら地域にご貢献を頂いています。

大学祭当日も在校生や卒業生方々の発表等で会場の船堀タワーホールは大賑わいでした。

2014.07.30

週明けから、継続しての江戸川区議会自民党と区内各種団体の皆様との意見交換会や所属の熟年者支援特別委員会、環七高速鉄道(メトロセブン)促進協議会等が続きました。

同促進協議会は葛西臨海公園から一之江や松本を経由し赤羽まで結ぶ構想を掲げ、足立・葛飾・江戸川、三区の議会と行政が一体となり平成6年に設立しています。

鉄道における効果は近年、利便性の向上だけではなく、高齢者の自立的な移動手段の確保や健康増進等も注目されており、私も昨年の議会一般質問において福祉健康施策の視点をテーマとしメトロセブン促進を取り上げた経緯もあり、協議会にも熱が入ります。

事業費や地下鉄構想の技術的検証等、引き続き長期的な様々な課題がありますが、粘り強く検証・検討続け、気運を高めていく事は非常に重要です。

長五楼で、私の後援会支部発会式を催して頂きました。
篠崎の様々な地域に新たに支部長や役員として選任された方々は、PTAや子ども会、町会等でご活躍の地域を代表される方々であり、お引き受け頂き、ご支援・ご指導頂ける事にこれほどありがたい事はなく、胸が熱くなります・・・。

小泉会長はじめ役員の皆様に限りない勇気をもらい、感謝を胸に、引き続き精進します。

ページの先頭へ