2014年01月 | 2014年02月 | 2014年03月 | 2014年04月 | 2014年05月 | 2014年06月 |
2014年07月 | 2014年08月 | 2014年09月 | 2014年10月 | 2014年11月 | 2014年12月 |

2013年の独り言はコチラ
2012年の独り言はコチラ
2011年の独り言はコチラ

2014.05.04

月末には自民党江戸川総支部役員会が開かれました。

来年4月に行われる、統一地方選挙について協議を行い、党公認申請に関する党員の確保についてや、党支部大会等、今後のスケジュールについて話し合いました。

暦ではGW突入に入り、江戸川区の大型イベントの一つである「花の祭典」にお伺いをしました。晴天の中、彩る花や園芸技術を一目見ようと、来場者は区外からも多くお越しで、駐車場に止まる車は関東圏のナンバーもお見受けします。

毎年恒例である、篠崎少年野球連盟や江戸川区子ども会京葉支部の方々の出店も大賑わいで、美味しい焼きそばやカレーライス目当てに子ども達はじめ行列が作られ、出店される皆様の尽力には頭が下がるばかりです。

少年野球ジャビットカップ江戸川区大会開会式にお伺いをしました。
開会式前には、京葉鈴木記念財団より、江戸川区学童所属全チームへボール2ダースを寄贈する贈呈式が行われ、同財団顧問としてセレモニーに参加させて頂きました。

少年野球で使用する軟式ボールは決して安価なものではなく、常にNEWボールで試合等が出来るわけではありません。
少年野球支援にも厚いご理解を頂く、鈴木代表理事に心から御礼を申し上げ、贈呈させて頂いたボールで思う存分、練習に励んでもらえたらうれしい限りです。


2014.05.08

連休中は地域の皆様と交流させて頂く際、ご相談を頂く機会も多くあります。
明けた翌日からは早速土木や福祉分野等、行政担当者と打ち合わせ、議論を重ねました。

福祉健康委員会が開催され、子育て世帯臨時特例給付金について説明がありました。
同給付金はこの4月から消費税増税等に伴う、負担軽減策の一つとして、子育て世代中学生以下の対象児童一人に対して1万円が支給されます。

本区での対象世帯は約5万世帯で対象児童数は約8万5千人であり、対象者(所得制限有)の方々には7月上旬に区から申請書が発送され、申請期間は半年、申請受理から約一ヶ月で対象者に支給されるスケジュールとなります。

今回の委員会が先期から続いた福祉健康委員会副委員長として最後の委員会になりました。
委員会運営にご協力を頂いた委員の皆様には厚く御礼を申し上げます。

区議会自民党議員団総会では、5月臨時議会以降に新たに所属する委員会についても意見交換等が行われました。

任期4年目、最後の所属委員会や役職が間もなく決まります。

2014.05.11

篠崎中PTA歓送迎会、翌日には篠崎小PTA歓送迎会にお招き頂き、ご挨拶させて頂きました。

それぞれ多くの教職員方々も参加され、会場の長五楼は和やかな雰囲気の中、盛会であり、貴重な情報交換もさせて頂きました。

同中の中川PTA会長、同小神山会長共に新たな会長へのバトンタッチが報告されましたが、両会長には私も折々にご指導を賜りました。
他の役員の方々はじめ、様々なご苦労があったとお察しする中、今日までの献身的なご活動には、心から敬意と感謝を申し上げます。

江戸川明るい社会づくりの会定時総会にお伺いをしました。
同会は小久保会長を中心にボランティア活動はじめ社会奉仕に日々ご尽力されています。

総会中は、会員数増加に向けての取組等、ご意見もあり相談役としても改めて課題認識をします。

また、10日(土)に区内篠崎、松島地域を中心に私の政策チラシを新聞折り込みさせて頂きましたが、恐縮ながら多くの方に反響を頂きました。

お励ましやご意見を頂ける事は大変ありがたく、ご期待に感謝をし、引き続きしっかり努めてまいります。



2014.05.14
私が大変お世話になっており、日々ご指導を頂いている、信濃運輸竃井健一社長のご尊父で、同社油井欽一会長がご逝去され、12日お通夜 13日告別式に参列しました。

東京都トラック協会副会長等、要職も歴任された欽一会長は、私のような若輩にも気にかけて頂き、訃報を健一社長から知らされた時は言葉が出ませんでした・・・

今後は、一代で業界有数の企業にまで築き上げた、会長の統率力や行動力等、帝王学を受け継がれた健一社長を先頭に、グループ企業が繁栄して行く姿を天国で見守られていくと思います。

哀悼の意を表し、謹んでお悔やみを申し上げます。

2014.05.19

所属の子育て・教育力向上特別委員会、災害対策・まちづくり推進特別委員会が開催され、一年の総括を行いました。
今月26日の臨時区議会で、常任委員会含め所属する特別委員会が新たに決まります。

江戸川区更生保護女性会や篠崎小学校すくすくスクールの総会懇親会にお伺いをしました。
子ども達の学童保育も担い、主に放課後や土曜日に活動を行う同スクールは地域のボランティアのご協力が非常に大きい事業の一つです。

参加したカリキュラムがきっかけで、取り組んだ分野に子ども達が興味を持ち、その後大好きな趣味や部活動等打ち込むスポーツにつながる事は少なくありません。
子ども達の為に多彩なプログラムを勘案頂く、高井会長はじめ関係者様には頭が下がるばかりです。

江戸川区でも大きな催しの一つ鹿骨区民館まつりが開催され式典にお伺いをしました。
管轄地域小学校の鼓笛隊のパレード等が盛会に花を添え、多くの来場者が地域交流を楽しまれていました。

2014.05.24

週明けから子ども子育て応援会議が開かれ、委員として臨みました。

平成27年から国において子ども子育て新支援制度本格施行に向けて、本区においても、同会議では区内幼稚園やPTA関係者等中心に幅広い議論が行われています。

幼保連係型の認定こども園や0歳児から2歳児の地域型保育等について、様々な意見が持ち寄られ、活発な意見交換がなされました。

自民党政経塾同期会に伺いました。
共に区議や市議として活動しており、行政サービスや議会運営等、それぞれ自治体によっては異なり、施策の参考になる事も多くあります。

政経塾同期と継続的に生の声を交わす事は貴重な場でもあり、有意義な情報交換をする事が出来ました。

週末は名誉会長を努めさせて頂いてる、立正大学ラグビー部OB総会や篠崎第二小、篠崎第四小運動会等にお伺いしました。
同四小は今年40周年を迎え、記念運動会として行われました。
いよいよ春の運動会シーズンの到来です。

2014.05.26

平成26年度第一回臨時区議会が開催され、議会において今期所属する委員会等、役職が決定致しました。

私が所属する常任委員会委員は文教委員会で、主に文化共育部(スポーツ振興課・健全育成課等)や教育委員会が所管となります。

また、特別委員会については、災害対策・まちづくり推進特別委員会、熟年者支援特別委員会の委員を仰せつかり、災害対策同委員会では、副委員長を拝命致しました。

若輩ながら先期の福祉健康委員会副委員長に続いて、2年連続で副委員長職に推挙頂けた事はありがたい事であり、災害対策は議会でも常々お訴えしてきた、個人的にも思い入れのある分野の一つでもあり、身が引き締まる思いであります。

また、その他付属機関の委員については消防団運営委員に就かせて頂きました。
私が所属させて頂いている分団、小泉分団長はじめ、団員先輩方々は昼夜問わず、お仕事の傍ら地域防災に献身的なご尽力を頂いております。
最前線の立場で、消防団員方々の貴重なご意見や行っている活動について、公の場でもしっかり発信して行きたいと思います。

2014.05.29

自民党東京都連青年部による研修の一環として、福島第二原発へ現地視察に行って来ました。

同原発は、福島第一原発から南に約10キロ、震災から3年以上経つ今も、津波の爪痕を所々に見受けられ、災害の大きさを改めて痛感します。

実際にカバーウォールを見にまとい、管理区域内に立ち入り、原子炉建屋、海水熱交換器建屋〜燃料プール等、詳細に視察を行う事が出来ました。

あの痛ましい被害を重い教訓とし従業員が一枚岩となり、ハード面はもちろん技術的な検証を含め、安心を取り戻す為の懸命な取り組みが伺えます。

日本のエネルギー事情に関しては、様々な議論があります。
しかし、国内の全ての原発が停まり、主に海外からの火力発電等で補う電力の額が年間約3.6兆円とも言われています。

1日あたりに換算すると約100億円もの費用が生じている現状等があるのも事実であり、安易な理想論だけでは何の解決策にもなりません。

安全で安定的な電力供給の継続をテーマとし、改めて深く考えさせられる、1日となりました。


ページの先頭へ