2014年の独り言はコチラ

2013年01月 | 2013年02月 | 2013年03月 | 2013年04月 | 2013年05月 | 2013年06月 |
2013年07月 | 2013年08月 | 2013年09月 | 2013年10月 | 2013年11月 | 2013年12月 |

2012年の独り言はコチラ
2011年の独り言はコチラ

2013.01.08

2013年が幕を明けました。
本年も篠崎、浅間神社にて夜中0時より参拝客の方々の行列が途切れるまでの数時間、一人登りを片手に新年を迎え、ご挨拶をさせて頂きました。

一昨年から政治家を志してから毎年続けさせて頂いていますが、深夜寒中の中のこの一時が、自分自身を見つめ直し、奮い立たせ、燃え上がる思いで一年をスタートさせてもらえます。

お声掛け、お励ましを頂いた消防団の方々や地域の皆様にこれほどありがたい事はありません、心から、御礼を申し上げます。

同じく毎年参加させて頂く、元旦の小泉先生をはじめ一族の皆様が一同に介す新年会は皆様温かく、和やかで、恐縮ながら、時を忘れさせて頂きました、、、

年明けから早速、各所に新年のご挨拶回りをスタートさせて頂きましたが、身の余るお言葉を頂き身が引き締まります。

江戸川区賀詞交歓会〜鹿骨地区新年顔合わせ会等、新年会シーズンを迎えました。
京葉シニア野球連盟の新年会では〜大澤社長をはじめ大先輩方々の温かいご厚情に感謝の言葉でいっぱいです。

多くの方々のご期待とお支えのお蔭で今年も無事新年を迎えることが出来ました。
本年も全力で努めさせて頂きます!

2013.01.13

江戸川明るい社会づくりの会「新春の集い」等、地域の新年会が続きました。
また、小岩消防団始式が開催され、消防団員として参加をしました。
江戸川区には他に地域別で松島地域等管轄の江戸川消防団と葛西地域等管轄の葛西消防団とで組織をされ、私が所属させて頂いている小岩消防団全体も団員の方々約300名を数えます。

各消防団始式には多田区長はじめ国会・都議・区議の議会関係や消防・地域の代表者の方々も一同に介し、大変厳格な式典の一つであり、年頭に制服を身にまとい、団員としても身が引き締まる思いでもあります。

明治大学公共政策大学院の集中講義を受講後、子ども会連合会京葉地区の新年会にお招き頂きました。
本区では9月に東京国体正式種目の少年ラグビーやボート競技が開催を予定しています。

ラグビーは7人制ラグビーとしてリオデジャネイロで行われる次期オリンピックの正式種目でもあり、間近でプレーを観戦した江戸川区の子ども達が、将来のオリンピック選手に等、夢が膨らむ大会でもあり、是非一人でも多くの子ども達にも観戦してほしい旨、恐縮ながら冒頭ご挨拶の場を頂いた際は、お訴えをさせて頂きました。

日頃、青少年健全育成等、献身的に地域にご尽力頂いている方々との情報交換は大変貴重な場であり、お招き頂き改めて御礼を申し上げる次第です。


2013.01.20

この時期は日頃お支えを頂いている地域・団体等の皆様に活動報告を兼ね、情報交換をさせて頂きます。私が会社員時代からご指導を賜っている油井社長はじめ大先輩方々からの親身にも及ばないご厚情・ご指導に感謝の言葉しかありません。

篠崎小学校PTA新年会は、進行には高井会長はじめPTA皆様の手作りの工夫が施され、大変賑やかな会でありました。
日頃の子ども達の献身的な健全育成のご努力に敬意を表す次第です。
平井一丁目南親会、小岩消防団第七分団、東京商工会議所江戸川支部、東京都麺類協同組合小松川支部等、新年会が続き、様々な貴重なご意見も頂戴しました。

日中は委員会や区議会自民党議員団総会や行政担当者との打ち合わせ等を行いました。
生活振興環境委員会では、江東区にある埋め立て処分場の現地視察や、子育て・教育力向上特別委員会では学校改築を終えた松江小学校の視察を行いました。

長い歴史を踏まえ新しい校舎の建て替えが、今後年度もまたぎながら同校を他に船堀小学校はじめ6校の改築が控えており、一校の建替え費用は約34億とも想定され、区内産業の発展に是非寄与して頂きたく存じます。

私の小・中学校の同級生中心の松島大洋会の新年会に伺いました。
中学校の先輩、金城茂彦先輩が営んでいる料理屋「つくし」で行われ、神宮司会長はじめ多くの仲間が駆けつけてくれました(感謝)。
美味しい料理・お酒、そして生涯の仲間達に囲まれ、時を忘れさせてくれる一時でした♪

2013.01.27

江戸川消防団第三分団、東京都行政書士会江戸川支部等、新年会にお招き頂きお伺いをさせて頂きました。ご挨拶の場を頂いた神宮司分団長はじめ、温かくお迎えを頂く松島地域の先輩方々に心から御礼を申し上げます。

村瀬光一先生の叙勲祝賀会にお招きを頂きお伺いをしました。
幼稚園を経営等、多岐に渡りご活躍で私の消防団の大先輩でもあり、当日は江戸川・篠崎地域の各層を代表する多くの方々が列席されており、先生の功績の偉大さを物語るようでした。

先日は多田区長や幹部職員も出席のもと、区議会自民党との施策協議会が開催されました。
そこで、建物家屋耐震助成制度の新たな適用先として旧耐震法以前の木造借家についても、正式に今年の4月より導入されるべく多田区長よりお示しがありました。

これは私が先月の区議会第四回定例会にてはじめてお訴え・問題提議をさせて頂き、区長にご理解を頂き実現に至った経緯があります。

前述しましたが、なぜ着目したかというと、阪神・淡路大震災で亡くなられた方々の三分の二とも言われる3,000人以上の方々が、地震発生からわずか15分以内に家屋倒壊の圧死という痛ましい過去があり、その多くは若い留学生や学生が下宿先の借家等で亡くなられてしまった事実があるとも言われ、本区において旧耐震法の昭和56年以前に建てられた木造の借家が混在している現状があるからです。

これからも区民の方々の声をしっかり届けさせて頂き、実現に向けて、努力を続けてまいります!

※写真は先月の区議会第四回定例会開催時

ページの先頭へ