2014年の独り言はコチラ
2013年の独り言はコチラ

2012年01月 | 2012年02月 | 2012年03月 | 2012年04月 | 2012年05月 | 2012年06月 |
2012年07月 | 2012年08月 | 2012年09月 | 2012年10月 | 2012年11月 | 2012年12月 |

2011年の独り言はコチラ

2012.11.01

江戸川区ラグビーフットボール協会八角理事長と貴重な情報交換をさせて頂きました。
東京国体での正式種目でもあるラグビーは、来年9月に本区での開催を控えており、恐縮ながら身に余るお話も頂きました。
プレイヤー目線も大事にしながらしっかり取り組んでまいります。

江戸川区立篠崎幼稚園開園40周年記念式典・祝賀会にお招き頂き、式典では江戸川区議会を代表し、お祝いのご挨拶もさせて頂きました。
篠崎幼稚園は昭和47年の開園から、「心豊かな子ども・元気な子ども・仲良く遊ぶ子ども・良く考える子ども」の4つの教育目標を掲げ、3,000名を超える園児が学ばれ、今現在も多くの卒園生が活躍をしている、歴史のある幼稚園です。
そういった歴史と伝統に加え、幼少期の教育を担っている、地域貢献に対して、心から敬服をし、お祝いを申し上げる次第です。

40周年を迎えるにあたり、現園長の小澤先生や歴代の園長先生・教職員の方々、また町会やPTA等、地域の皆様の長年のご尽力に、改めて敬意と感謝を申し上げます。
園児達の元気一杯の区歌等の合唱は、式典に花を添えていました♪

自民党江戸川区議団15名で、本会議終了後恒例でもある街頭遊説を区内全域で行い、私も東部地域を中心に駅頭から防災対策や教育問題等、お訴えをさせて頂きました。
区議会責任第一党の一員として、引き続きしっかり努めてまいります。

2012.11.05

行政担当者との打ち合わせや区議会自民党議員団総会に臨みました。
今後予想される厳しい財政状況を鑑み、本区で行っている行政サービスに関し、施策の見直しに挙げられている216項目について、議論を行いました。
同じ会派でありますが、活発な議論が展開されます。

週末は地域行事が続きました。
松島地域の五分一市では、自前で揃えた新鮮な野菜や、美味しい手作りの豚汁や焼き鳥等が並び、大変賑やかに行列が作られていました。
江戸川区文化祭美術展や第37回勤福まつりにお伺いしました。
勤福まつりでは、昨年に続き日頃お世話になっている加藤先生にお茶会でのご指導を頂きましたが、上達は難しいようです・・・(苦笑)

また、江戸川区学童少年軟式野球オールスター大会に、私が相談役を務めさせて頂いている篠崎野球連盟の応援に行ってまいりました。
見事、篠崎Aチームが優勝!うれしい限りであり、休日返上で、野球の技術だけでなく、青少年の健全育成にもご努力されている協会役員の皆様をはじめ、監督・コーチ・ご父兄の方々にとっても喜びは一入と思います。

夜は松島大洋会の役員を務めてくれている、小・中学校の同級生の横山君と阿蒜君と情報交換〜真最中の子育て事情についても貴重なご意見を頂きました。
ともに少年野球のチームメートでもあり、長い夜となりました♪

※写真はオールスターチームの4番を務めた、篠崎アトムズ 山下選手


2012.11.08

区議会自民党議員団総会や所属委員会等が続きました。
議会改革検討小委員会では、議会改革のいくつか挙げられている、検討課題について議論を行いました。

かねてから区民の方へ開かれたわかりやすい議会を目指すべく、決算・予算特別委員会のインターネット中継導入について審議を続けていますが、検証した軽費面等も鑑み、引き続き慎重に検討していく必要があります。

議員団総会では、地域課題の共有や、先日開催された懲罰特別委員会について藤澤委員長より状況の報告がありました。
また、今月下旬より開催の区議会第四回定例会についても打ち合わせがあり、自民党を代表し質問する登壇者について、正式に推挙を賜りました。
議場にて区長や教育長に直接訴えが出来る場でもあり、力の限り臨ませて頂きます!

江戸川「食」文化の祭典、飲食産業展2012にお伺いしました。たくさんの区内飲食店業生業の方が出店され、平日のお昼時間でしたが、江戸川区の食文化にも低価格でお触れ頂く機会でもあり、多くの来場者を数え大変な賑わいでした。
私の後援会会長小泉定雄会長が社長をお務めの長五楼も出店されており、焼売や餃子等買い求めるお客様で行列が作られ、私も長五楼等の美味しい料理を堪能させて頂いたランチのひと時でした♪

2012.11.13

先日には熟年者支援特別委員会が開催され、高齢者優良賃貸住宅の視察を行いました。
同住宅はフラットな床・浴室・トイレの手すり等を含めバリアフリー設計が施され、安否確認サービスや居住者とのコミニュティールームも兼ね備えた、高齢者が安心して長期間居住し続けることができる賃貸住宅として位置付けられており、本区としても最大25,600円/月 の家賃補助制度があります。

日本の総人口の内、65歳以上の年齢比率は2割を大きく上回っており、熟年単身者の方々も増加される見込みであることからも、今後も高齢者優良賃貸住宅の拡充は重要な施策の一つであります。

区役所にて一般質問に向けて、資料の読み込みや調査が続きます。
防災・減災対策は大変関心が寄せられており、今後発生が懸念される首都直下型地震の推定被害総額は300兆円、南海トラフでも500兆円を超過するとも言われています。

被害の想像を絶する巨大災害がいつ襲ってくるかわからない状況でもあり、陸域の7割が低平地で水害も危惧される本区においても国・東京都としっかりと連携をした対策が重要且つ急務である事は言うまでもありません。

元文部・農林水産大臣 島村宜伸先生の旭日大綬章受章を祝う会にお伺いをしました。
船堀タワーホールには江戸川区を代表する各層の方々がお集まりでした。

※写真は南葛西に存する、高齢者優良賃貸マンション「ハロージュピター」

2012.11.19

衆議院が解散されました。
自民党江戸川区議団としても、失われた期間を取り戻す為、東京16選挙区(江戸川区小岩を除く全域)大西英男支部長、同17区(小岩地域+葛飾区)平沢勝栄支部長の当選に向けて粉骨注ぐのが責務であります。

解散からその以前も含め、政府与党の民主党から泥舟を逃げ出すような議員の方々には、当選に至るまで恩恵を受けときながら、いざ逆風になったら、何事もなかったように離党をされる、、、政権与党として最後まで戦い抜く信念も気力もない方々に怒りもあきれることもなく、ただ政治に携わる人間として恥ずかしさを覚える限りです・・・

私は昨年の1月まで、11年間民間企業の営業部に所属し飛び込み営業を中心の新規顧客開拓業務を担当させて頂きました。
門前払いがほとんどで、時には塩をまかれることもありました、、、しかし決して私のような営業担当者が憎い訳ではなく、中小企業等の経営者の方々は1円でも軽費を下げたい、1分でも業務効率をあげたい、死のもの狂いで努力をされています。

私の職歴で例えれば、キヤノンのメーカー品の売却業務を担当し、人間関係を構築しながら、翌日からやっぱり私の担当した商品は欠陥品です!だからこのメーカーの商品を買って下さい!

そんな事は言える訳もなく、物理的にもありえない、お客様をバカにしている行為です。

今、政治の世界で、3年前とまた同じ行為が繰り返されていいのでしょうか。
看板(所属政党)を変えれば議員バッジをつけられる!?
有権者を軽視している行為だし、そんな自身の保身の為のブームやパフォーマンス政治はもううんざりです。

もちろん当時政治の混乱を招いた、私共、自民党の反省は大前提です。

最前線の現場の痛みがわかる方に、国会に行って頂きたい!
全力を注いで参ります。

※写真は過日の街頭遊説時


ページの先頭へ