2014年の独り言はコチラ
2013年の独り言はコチラ

2012年01月 | 2012年02月 | 2012年03月 | 2012年04月 | 2012年05月 | 2012年06月 |
2012年07月 | 2012年08月 | 2012年09月 | 2012年10月 | 2012年11月 | 2012年12月 |

2011年の独り言はコチラ

2012.07.03

月末にかけて、浅間神社のぼり祭にお伺いをしました。
同祭は、二年に一度開催され、篠崎地域が一体となる大いに賑わう祭事の一つです。
登りを立てる際は迫力満点です〜私も微力ながら参加しましたが、とにかく丸太のような大木を担ぐだけでも、かなりの労力で、、、
各町会の登りが揃った際は圧巻で、篠崎地区の伝統を改めて感じます。

開催にあたり、各町会、子ども会、そして消防団関係者方々、多くの方々のご尽力に敬意を表しながら、お祭りに笑顔いっぱいで参加する子ども達が印象的でした♪
※写真は長五楼の小泉定雄社長と

補正予算審議を含めた26議案の審議等行った、区議会定例会が閉会を致しました。
本定例会で私の政治の師である、小泉敏夫先生が、選挙管理委員に任命されました。
同委員は、深い見識を求められ、区民の皆様へ選挙を身近に感じてもらう啓発活動はもちろん、公平公正な選挙運営を担い、議会の選挙によって選ばれる、重要な行政委員です。
生涯現役な小泉先生に心から敬服する次第です。


2012.07.07

第二回区議会定例会の閉会に伴い、朝の駅頭にてご挨拶もさせて頂いております。
7月に入り、早朝時でも気温が高くなってきましたが〜そんな中、地域の方々にお声掛けを頂ける事に大変ありがたく、励みになります。

議会終了を待って、ご相談を頂いた地域諸課題について、行政関係者との打ち合わせが続きます。
今月下旬から開催されていく各地域の盆踊り・夏祭りについての打ち合わせ時には、梅雨時期ですが夏を間近に感じます♪

また数日にかけて、自民党区議団15名で定例会後恒例であります、区政報告を兼ねた街頭遊説を江戸川区全域で行ない、補正予算約2億5千万円を含む、26議案の審査報告や今後取り組む防災対策等、各地域でお訴えをさせて頂きました。

夕刻のお忙しい時間帯にもかかわらず、多くの方々が足を止め、傾聴して下さる姿に混迷を極めている国政への強い不満や関心も伺え、政治に携わる人間として、身が引き締まる思いでもあります。

〜実現根拠のない耳に良い100の議論より、どんな些細な事でも一歩ずつ問題を解決していく〜

区議会責任第一党の一員として、引き続き努力を続けてまいります!

2012.07.11

今週から自民党区議団による、医療や福祉、産業から文化関係等、区内の各種団体の皆様との意見交換会がスタート致しました。
お越し頂く団体の皆様に感謝をし、数日間の日程に分け、貴重なご意見を頂戴させて頂く予定です。

また、島村議長はじめ江戸川区議団超党派有志にて靖国神社で昇殿参拝を行いました。
お花見時期とは異なる、緑林が生い茂り、季節の経過を感じます。
あの戦火の際、多くの先人方々の尊い命の犠牲を経た歴史の上で今日があり、みたまに対し、心からお祈りを申し上げた次第です。

生活振興環境委員会に委員として臨みました。
陳情審査後、同委員会管轄部署が担当の今後の催事についての報告があり、第37回江戸川区花火大会開催に向けての状況報告がありました。

同花火大会は打上数14,000発、来場者も例年、隅田川花火大会の約95万人を上回る約139万人を数え、篠崎、小岩地区を中心に大変大きな経済効果も見込まれます。

開催にあたり区内はじめ多くの協賛者の寄付金によって催しができ、深く感謝する次第です。

2012.07.16

週末は地域行事等が続きました。
江戸川区登録無形指定文化財でもある、篠崎本郷獅子もみ行事にお招き頂き、ご挨拶をさせて頂きました。

歴史と伝統がある同行事は、本郷獅子もみ会植草会長はじめ多くの地域方々のご努力により開催され、当日もたくさんの来場者によって大変賑やかな祭事でした。
日射しが照り付ける中、会の皆様の獅子もみは迫力満点です!

私が相談役を務めている、篠崎少年野球連盟の朝ミーティングにご挨拶にお伺いしました。日頃子ども達の為、時には休日返上で健全育成にご尽力頂いております。

私の愛称を大会冠にして頂いたる、同連盟のトーナメント戦の一つ『大洋杯』が今秋11月に開催のご報告を賜りました。
木村会長はじめ連盟皆様の変わらずのご厚情に御礼申し上げる次第です。
今から優勝チームに優勝旗を授与させて頂く日が楽しみです♪

また、島村元農林・文部大臣のご勇退を受け、時期衆議院選を担う、自民党東京都第16選挙区支部長に大西英男自民党都連副会長が正式決定しました。
国民の皆様の失われた数年間を取り戻すため、議席奪還に向け、区議会自民党一枚岩で全力を尽くしてまいります!


2012.07.19

区議会自民党議員団総会・各種団体意見交換会に続いて、子育て・教育力向上特別委員会、議会改革検討小委員会が開催され委員として臨みました。

子育て・教育力向上特別委員会は、区の学校・教育関係の部署も管轄の為、委員会の議論の際は社会問題化している、滋賀県大津市のいじめ問題についても、活発な議論が展開されました。

いじめについて、本区の小・中学校106校での認知件数、昨年度は、133件の報告を数えた現状があり、当事件については、教育関係者、現役学生、同年代の保護者の方々、もちろん私のような政治行政に携わる人間にとって深く考えさせられる問題です・・・

昨日18日は、私の政治の師小泉敏夫先生の叙勲をお祝いする会に実行委員の一人として参加をさせて頂き、冒頭恐縮ながら開会のご挨拶をさせて頂きました。
平沢勝栄衆院議員はじめ議員関係者や、各種団体長方々、そして長年先生をお支えになった後援会の皆様等、約400名の列席を賜り、改めて永年の地方自治功労に対し、敬服をします。

私は先生に後継者としてお育てを頂いているお蔭で、今日があります。
先生は営みの事業に加え今現在も行政の重要な要職である選挙管理委員長もお努めであり、恐縮ながら生涯現役の小泉先生のさらなるご活躍を心からご祈念申し上げる次第です。


2012.07.23

熟年者支援特別委員会に委員として臨み、江戸川区第5期介護保険事業計画について、確認・議論等を行いました。

少子高齢化社会が危惧されている昨今ですが、江戸川区とて例外ではなく平成26年度の65歳以上の熟年者数は推計14万人で、区民の5人に1人以上は高齢者と推移されます。
本区は一般会計約2,200億円の内、5割近い約1,000億円を福祉費として計上し介護福祉に関しても様々な施策を行ってきました。
しかし、厳しい経済市況の中、今後は歳入の増加は見込ず、その福祉費の3割以上の約355億円は生活保護費という現状もあります。

健全財政の維持には過渡期をむかえており、見直しを含め、あらゆる角度からの議論が必要となってきます。

週末は地域行事が続きました。
私が顧問をさせて頂いてる、篠崎小すくすくスクールのグランドゴルフの応援に伺う予定があいにくの雨で中止、、、梅雨全快を望む子ども達の声が聞こえてきそうです↓

また、区立行船公園の金魚まつりにお伺いをしました。
江戸川区は奈良大和郡山市、愛知弥富市と並んで金魚の養殖、日本三大産地の一つであり、本区の大きな催事の一つとして今年で第41回を数えます。

来場者は2日で約四4万人〜金魚すくいに長い行列を作る子ども達は元気いっぱいでした♪

2012.07.25

明治大学公共政策大学院の郊外講義として、青山先生(元東京都副知事)に先導を頂き、終日視察研修を行いました。

東京都管轄の新東京丸に乗船し、有明地区をはじめとした臨海副都心の再開発の立案時の当時の状況、現在進行している事業の確認や、虎ノ門・六本木地区再開発第一種市街地再開発事業について、同事業者森ビル鰍フオープン間近〜大型複合ビルの現地視察も行いました。

また、大手町・丸の内・有楽町におけるまちづくりについても、視察研修を行いました。
東京駅舎の余剰容積を移転する、特例容積率適用区域制度(容積移転)をはじめて利用した2005年の東京ビルTOKIA、2007年の新丸ビルを頻りに、近年の丸の内再開発による再発展は目覚ましいものがあります。

丸の内地区や六本木・虎ノ門エリアの行政、住民、大手ディベロッパー等が一体となっての再開発事業は世界からも注目されており、現地視察も兼ね間近で学べるのは大変、意義があります。

同大学院の同期・先輩には、行政の首長や議員、企業経営者も多く、懇親会では職や党派を超え、様々な貴重な情報交換をさせて頂きました。
青山先生に様々な局面でご指導頂ける事に感謝をし、引き続きしっかり取り組んでまいります。


ページの先頭へ