2014年の独り言はコチラ
2013年の独り言はコチラ
2012年の独り言はコチラ

2011年01月 | 2011年02月 | 2011年03月 | 2011年04月 | 2011年05月 | 2011年06月 |
2011年07月 | 2011年08月 | 2011年09月 | 2011年10月 | 2011年11月 | 2011年12月 |

2011.09.01

洞爺湖町(有珠山噴火と復興について)、奥尻町(北海道南西沖地震大津波と復興について)にて建設委員会の視察研修・調査を行ってまいりました。
奥尻町では平成5年7月、地震直後におきた最大時速500km、最大高さ11m以上と言われる大津波で甚大な被害を受け、200名近い尊い命が失われました・・・被災後、様々な復興計画のもと、時には犠牲を共有しながらも自治体と住民の方々が一体となり、被災から5年、、、平成10年に当初の予定を2年引き上げての完全復興宣言に至りました。
特に津波で完全流失した青苗地区の宅地造成・区画整理による高台づくりは復興過程の安全まちづくりの一つの象徴となっています。復興のプロセスを直接肌身で学べたこと大きな経験です。
しっかり活かしてまいります!
【写真は同災害で亡くなられた198名の名前が刻まれた慰霊碑「時空翔」】



2011.09.03
「ノーサイドの精神」
ラグビーの試合は、対戦相手がお互い辛い練習を積み重ね、お互い時には身内の冠婚葬祭等犠牲にしてでも楕円球を追うのを優先し、その上でお互い厳しいレギュラー争いを勝ち抜いて、選ばれてグランドで対峙している・・・等、試合に臨むにあたり、その対戦相手を慮り、尊重をし、その上で真剣勝負をします。
だからこそ、試合中、予期せぬラフプレーがあろうが、予期せぬ試合結果になろうが、予期せぬ大怪我を負おうが、お互いを事前に認め合い全力で真剣勝負をしたからこそ、結果が出たら敵味方もなくノーサイド・・・これがラグビーのノーサイドの精神です。

今回の民主党代表選は、政策議論をするまもなく間髪入れず、投票日を設定し、露骨な政局論争に終始し、上着を脱いだとか脱がないだとか・・・本当に国民の皆様の一国の総理を選ぶ選挙だったのでしょうか・・・投票前にとある陣営を中傷する怪文書を用いる等、正々堂々とはとても言い難いドロドロの権力闘争の後、終わったら都合良く、「ノーサイド」というのはラグビーのノーサイドの精神と大きく異なります。
20年近く真剣にラグビーに携わっている人間として、軽々しく引用するなと声を大にして言いたい・・・!

しかし、わかりやすく国民の皆様に伝える、「発信力」は民主党政権3人の総理の中では、新総理が一番なんだと思います。早急の復旧復興、政治の前進は、党派関係なく誰もが願うことであります。


2011.09.04
週末にかけて松原町会長や小池事務局長をはじめ、日頃ご指導頂いている地域の先輩の皆様へ、北海道視察のご報告を兼ねた挨拶回りをさせて頂きました。
夜は私にとっては今年最後の盆踊りにお伺いをさせて頂きました♪
この夏は区内の篠崎、松島地域を中心に十カ所以上の会場にご挨拶にお伺いさせて頂きました。
各会場にて過分なご配慮を賜りました町会の方々、またお励ましを頂いたご来場の皆様には感謝の気持ちでいっぱいでございます。
今晩、初秋の提灯を眺めながら、夏の終わりを感じました。。

今月の最終週には、いよいよ第三回議会定例会も始まります。また、各委員会で審議をしている陳情の案件についても大詰めにさしかかります。実りの秋になるよう、全力を尽くして参ります!


2011.09.07

行財政改革特別委員会に出席し、地域主権改革と都区制度についての議論を行いました。主な都区制度改革は平成12年の清掃事業を都から特別区に移管した等あげられます。

自民党区議員団総会では今月下旬より開催される、議会定例会や年度末に執り行われる、決算・予算特別員会について、議論や打ち合わせを行いました。
また、この度、自民党からの予算特別委員会の委員の候補者として恐縮ながら私を推して頂きました。
予算特別委員会は来年度(平成24年度)の江戸川区の予算について審議や議論を行う大変重要な委員会の一つです。
まだ、正式決定ではありませんが、一期、一年目である未熟な私に大役を推挙下さった高木幹事長や先輩議員の皆様のご厚情に身が引き締まる思いです!

2011.09.10
ラグビーW杯が開幕しました!
ニュージーランドにて、第7回ラグビーW杯が開幕しました。
大会収益は200億円を超え、規模はサッカーW杯、夏季オリンピックに次ぐスポーツイベントとも言われています。
日本代表も第一回大会から連続出場しており、2019年には 日本での自国開催が決定しています。
今大会でも代表に選出されている、小野澤宏時選手(WTB/サントリー)は、大学一年時、19歳以下ラグビー日本代表候補に選出された時の同期です♪
候補合宿では共に辛い練習に励みました。
大学を出てからお互い別々の道でしたが、ラグビー雑誌の誌面やTV中継で活躍する彼を見る度、大きな励みや勇気をもらっていました。

ラグビーのWTB(ウイング)というポジションは力強さはもちろん、得点をするフィニッシャーとして相手を置き去りにする圧倒的なスピードを求められます。
それがゆえ、若くして引退を決意する選手も少なくありません。。
長い間一線で活躍し続け代表を勝ち取り、33歳日本代表最年長として挑む小野澤選手の一ファンとして・・・頑張れ日本!


2011.09.11
東日本大震災から半年・・・改めて一日も早い、復旧復興を心よりお祈り申し上げます。

私が相談役を務めさせて頂く、篠崎少年野球連盟の朝ミーティングに参加をさせて頂き、近況報告をさせて頂きました。
その際に、同連盟ご所属の小学生低学年(3年生以下)の選手で執り行われる大会名称を私の愛称でもある「大洋杯」として、発足頂く旨ご報告を賜りました。
ただただ、恐縮でございますが、木村会長や佐藤理事長はじめ連盟関係者様のご厚情に感謝の言葉しかありません・・・!

また、篠崎小フェスティバルにお招き頂き、恐縮ながらご挨拶の場を頂きました。
元気一杯、生徒の方々の入場行進を拝見しながら、そのお子様達の将来に、どれ程安全な街をご提供できるか、改めて、思いは積もります・・・!
当日は過分なご配慮を賜りました高井PTA会長はじめ御父兄の皆様、小泉先生のご長男、和久さんはじめ消防団の先輩方々、地域の皆様に心より御礼申し上げます。





2011.09.14
連日の区議会自民党議員団総会では、引き続き27日から行われる本会議についてや、各地域から寄せられる地域課題について議論を重ねました。

災害対策・まちづくり推進特別委員会では、国交省管轄の荒川ロックゲートや都立大島小松川公園内の備蓄倉庫、西瑞枝給水所等、本区内の防災施設や大規模災害の重要な避難場所の一つでもある都立篠崎公園等の視察を執り行いました。
篠崎公園内の避難有効面積は約57ha、避難計画人口19万人を想定していて、防災トイレや照明類をはじめ、1,500tの応急給水槽等も兼ね備えています。
各地域のこういった施設を区民の皆様にご周知頂く活動も重要です。

※写真は大島小松川公園内に存する区所有の防災拠点建設予定地



2011.09.17

昨日は建設委員会で委員として議論を重ねました。今月27日には第三回議会定例会も控え、より緊迫のある委員会でしたがいくつか発言もさせて頂きました。
江戸川護岸堤防に関する陳情についても次回以降、いよいよ重要な局面を迎えます。

また、トピックス事項でもお伝えしておりましたが、明治大学公共政策大学院に入学させて頂きました!
一緒に学ぶ同期には、県議、市・区議の方々、行政機関にお勤めの方々、企業経営者等、様々な方がいらっしゃいます。
実現根拠のある政策立案能力等、学ぶべく、平日夜間、土日の研究となりますが、江戸川区の発展に即活かせるべく、精一杯努めてまいります!
夜は早速、小・中学校の同級生でもある、松島大洋会神宮司会長に、入学の報告等をさせて頂きました。
同級生の仲間に、日々お支え頂ける事に感謝です♪


2011.09.19

篠崎少年野球連盟の暑気払いに参加させて頂き、ご挨拶の場を頂きました。
名誉会長の小泉先生や田島都議、また100名を超す来場者で活気に溢れんばかり!
連盟関係者の皆様はいつも温かくお迎え頂き、気兼ねなくご指導を頂きながらの歓談は、私にとって大変貴重な時間です♪

夜は、明治大学院の青山先生のゼミの懇親会に参加をさせて頂きました。
青山先生は東京都副知事を務められ、先生の指導を請い、当日もOBの方々含め、多くの来場者でした。
青山先生よりゼミの先輩にあたる松原大田区長、成澤文京区長をはじめ多くの先輩方々をご紹介賜り、早速情報交換させて頂きました!
ご指導のお心遣いに感謝をしながら、同時に胸が高鳴る思いでした。



2011.09.22

週明けからは、自民党江戸川総支部役員会、区議会自民党議員団総会や委員会に出席し、入念な打ち合わせや議論を行いました。
また災害対策まちづくり推進委員で視察を行った、24時間放射線量を測定できる「モニタリングポスト」(現設置箇所:都内は一カ所のみ)が江戸川区内の都立篠崎公園内に設置される事が決定致しました!
前述しましたが、7月に田島・宇田川両都議・公明党ご協力のもと、自民党区議団で、東京都福祉保健局長に江戸川区へ設置していただくよう要望書を提出した経緯があり、うれしい限りです。

財産価格審議会では、江戸川区が買収する事業用地について、審議を行いました。
案件は住宅密集地の中、区道を拡張する事業用地が主です。
所有の区民の皆様がご協力頂き、適正価格でお売り頂ける現状があるからこそ、緊急車両が通行でき、安全な道路幅員等が確保できることは言うまでもありません・・・!

2011.09.25
秋の運動会シーズンが到来〜週末は都立白鷺特別支援学校や篠崎地区各町会の運動会にお伺いをしました。
白鷺特別支援学校は発達生涯や自閉症教育、地域との交流も含めた教育活動に実績があり、卒業生の約4割の生徒が隔たりなく企業に就職し活躍しています。
山口校長先生をはじめ教職員や御父兄の方々そしてなによりご本人の懸命なご努力の賜物です。

地域の運動会は会長はじめ町会の方々や実行委員の皆様の、準備等大変なご尽力によって開催に至ります。
そのご期待に応えるべく、無邪気に駆け回るお子様達は元気一杯♪
私も体を鍛えなおし、来年こそ活躍できるように頑張ります(笑)。

※写真は白鷺特別支援学校運動会で活躍の生徒達

2011.09.27

江戸川区議会第三回定例会の開催日を迎えました。
多田区長からの招集の挨拶では、八ツ場ダム建設事業、江戸川護岸工事の早期実現に向けて、国交省へ引き続き強く要望する主旨の、力強い発言がありました。
治水事業は、河川に面し低地帯に存する本区にとっても、安心・安全に直結する大変重要な事項で、建設委員会でも議論を重ねています。

本定例会では、障害者自立支援・生活介護事業施設を整備する福祉費や地域防災関係費用等、約8億2,000万円(一般会計)の補正予算審議や、議会に提出される決算を審議する決算特別委員会、そして常任委員会等、事案は目白押しです。
会期の31日間、しっかり取り組んでまいります!



ページの先頭へ